ミヤビホーム

屋根、外壁から水まわりの補修・メンテナンス・リフォームは
大阪・東淀川のミヤビホームまで

お気軽にお問合せください
0120-382-406
メール

Helpful information生活お役立ち情報

2021年6月

皆さまの生活お役に立てるよう、季節の情報をお届けします。
暮らしを楽しく、活き活きのヒントになれば・・・どうぞお役立てください。

Vol.22 ひと手間で仕上がりが違う洗濯術!

ジメジメ天気の続く梅雨の時期は洗濯物が悩みの種。ほんのひと手間で仕上がりに差が出る洗濯術をご紹介します。

洗濯機に入れる前のひと手間

洗濯機に入れる前の確認
少し手間は掛かりますが、必ずポケットの中を確認しましょう。ティッシュやレシートなどの紙片などが入っていると衣類の繊維に付着してしまいます。
忘れがちなのがファスナーやボタン。開けたままで洗濯機に入れてしまうと他の衣類を傷つけてしまうので必ずとめるひと手間を。
汚れが目立つ場合は下洗いを
汚れがひどいものを洗濯機で洗っても汚れが落ちきらず、他の洗濯物に汚れが付着することもあります。泥の付いた靴下などは汚れた部分の下洗いを。 洗濯機 皮脂の汚れは洗剤を入れて30分程度の付け置き洗いが効果的です。
また、汚れがひどいと洗剤を多めに入れてしまうのは逆効果です。すすぎで洗剤が落ちきらず、臭いのもとや衣類の黒ずみの一因となります。

洗濯物の干し方のひと手間

できるだけ早く干す
シワや型崩れを防ぐには、脱水が終わったらできるだけ早く干すことです。洗濯物で風を送るようにバタバタさせて衣類の間に空気を含ませます。その時にシワがある場合はひと手間ですが手のアイロンでシワを伸ばすように干すと仕上がりに差が出ます。 衣類の種類によっては日陰干しが適している場合もあるため洗濯表示を確認しましょう。
室内干しのコツ
室内干しのコツは洗濯物と洗濯物の間に空気の道を作ることです。 洗濯 厚手のバスタオルの横には薄手のハンカチなど重なる部分を減らしましょう。
ズボンなどは裏返し、筒状に干すと空気の道ができ早く乾きます。ひと手間ですが、新聞紙をクシャクシャにして洗濯物の下に置くだけ水分を吸収してくれます。
© ミヤビホーム All Right Reserved.